本文引用自dana42 - Pray for JAPAN!讓我們也為日本盡一份力﹗

這兩天blog是從最上面的連結那邊連過來的,看的很感動...。我也是在撲浪上面看到影片然後不知怎地連到這家blog去...。日本對我來說是個有點遙遠又不是那麼遙遠。去那邊旅行過,一樣有過很棒很棒的回憶。每個禮拜追新番,或是看日劇聽日本歌曲。面對天災人類又有什麼辦法呢?若是祈禱可以讓還存活著的人還有求生意志,更多人可以伸出援手,那麼,就pray吧。願冬雪過去之後,春陽會平息逝去的生命,新風會吹起生機,會吹起人們想要好好活下去的念頭。

  • Mar 16 Wed 2011 01:34
  • Pray for JAPAN!讓我們也為日本盡一份力﹗

  • 晚上在噗浪上看到一段日本網友製作的影片,非常感人,忍不住想跟大家分享。
    感謝網友kyoko翻譯內容,在下面一併貼出來,讓大家也可以瞭解裡面的內容。
    轉po自http://blog.yam.com/nakaikyoko/article/36080237

      

    『1人1人の出来ることは小さい。だからこそ、微力を諦めないで』
    『一個人能做到的事很渺小。正因為如此,請不要放棄微薄的力量。』
     
     
    『苦しい状況の中にもさまざまなストーリーが生まれている。一人一人の気持ちが一つ
      の方向に向かっている』
    『在痛苦的狀況之中,也誕生了各式各樣的故事。每個人的心情都朝向同一個方向。』
     
     
    『駅員さんに、昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう、と言ってる子供たちを
      観た。駅員さんは泣いていた。』
    『看到昨天對站務員說「謝謝您拼命努力行駛電車」的孩子。站務員哭了。』
     
     
    『ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。
      ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って
      一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたと
      ころ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、
      本当にありがたい心配りだった』
    『在迪士尼樂園裡,收到商店分發的糖果。
      雖然當看到幾個打扮時髦的女子高中生拿了必要以上的糖果的一刻,曾經感到錯愕
      「為什麼?」,但當看到那幾個女生,拿去分發給避難所的小朋友時,真的很感動。
      在帶著孩子的父母無法分身的情況,這真是讓人溫暖的窩心。』
     
     
    『ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの方達が「寒いから敷け」って
     段ボールをくれた。』
    『在車站等待、疲憊不堪的時候,無家可歸的流浪者們對我說「天氣很冷、墊在地上吧」
     給了我紙箱。』
     
     
    『避難所でこれからどうなるんだろうとおじいさんが漏らした時、横に居た高校生が”
      大丈夫、僕らがゼッタイに、元に戻します、と一言』
    『在避難所,老爺爺吐露出「之後不知道會怎麼樣呢」的心聲時,一旁的高中生說
      「沒問題的,我們絕對會回到原來的樣子」。』
     
     
    『アメリカによる救援活動作戦名 ”Operation TOMODACHI”』
    『美國的救援活動作戰名為「Operation TOMODACHI(朋友)」。』
     
     
    『LOVE & PEACE がんばろう日本!』
    『LOVE & PEACE 加油吧、日本!』
     
     
    『運転再開した電車で、混んでいるのに妊婦に席を譲るお年寄り。外国人はこの光景に
     絶句。”すごいよ日本”』
    『重新行駛的電車中,儘管很混亂,仍有老人讓位給孕婦。外國人見到這種光景也
      啞口無言。「好厲害喔,日本」。』
     
     
    『國連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大國だ。
     今回は國連が全力で日本を援助する。」』
    『來自聯合國的訊息「日本至今都是援助世界的援助大國。這次換聯合國盡全力
     來援助日本。」』
     
     
    『4時間の道のりを歩いて帰る時、トイレのご利用をどうぞ、と書いてある看板を持っ
      て自宅のお手洗いを開放してる女性がいた。日本ってやはり、世界一温かい国だよね
      。あれ観たときは感動して泣けてきた』
    『回家的路上走了4個小時之際,看到有個拿著手寫「歡迎使用廁所」看板、開放自家
      廁所的女性。日本果然是世界第一溫暖的國家呢。看到這一幕時,感動而流下淚來。』
     
     
    『2歳の子どもが一人で靴をはき、外に出ようとしていた。
     「地震を逮捕しに行く!」とのこと。 
     小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。
      みなさん、気持ちを強く持ってがんばりましょう』
    『2歲的孩子一個人穿著鞋子跑到外面。
      說著「我要去逮捕地震!」。
     小小的身體蘊藏了勇氣與正義感,讓人得到力量。
     大家打起精神來加油吧。』
     
     
    『M9.0世界最大級になったのか。じゃ、今後復興のためのエネルギーも世界最大級
      にしなきゃ』
    『M 9.0是世界上最大的級數嗎。那麼,今後復興的能量不是世界最大級的不行。』
     
     
    『全国の皆様やさしさを失わないで下さい。
     弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ちを失わないで下さい。
     あなたが不安なとき、きっと周りの人も不安なはずです。
     これが私たちの願いです。
     私たちも同じ気持ちでがんばります。』
    『全國的各位,請不要失去溫柔。
     照顧弱勢的人、互相幫助、請不要失去寬恕的心情。
     在你不安的時候,周遭的人一定也會不安。
     這是我們的請求。
     我們也抱持同樣的心情加油著。』
     
     
    『LOVE & PEACE 自分たちにできること』
    『LOVE & PEACE 我們自己所能做到的事。』
     
     
    『いちばん傷ついた場所が、いちばん明るくなりますように。』
    『希望最受傷害的地方,能夠變得最明亮。』
     
     
    『消すじゃないよ、届けるんだよ。』
    『並不是關掉喔,而能夠傳達喔。』
     
     
    『心の灯を点そう。』
    『點燃心之燈吧。』
     
     
    『暗すぎて今まで見た事ないくらい星がきれいだよ。
     仙台のにんな、上を見るんだ!』
    『太過黑暗了,反而能夠看到至今從未見過的美麗星空喔。
      仙台的大家,往上看吧!』
     
     
    『JAPAN がんばれ!』
    『日本 加油!』

    Pray for JAPAN!がんばれ日本!/ SMAP

     
    製作這段影片的網友在影片說明中這樣寫著︰

    おそらく、時間がたてばたつほど、みなさんの苛立ちはつのってくると思います。
    でも、何かを批判するのではなく、日本人として温かい心を持っていて欲しいと思います。
    それが僕らに出来る事の一つだと思います。

    隨著時間過去,大家可能也就會越來越焦躁吧
    但是,希望大家能不要去批評什麼,能夠繼續持有身為日本人的溫暖心靈。
    這是我們能夠做到的事情之一。

    的確,受災的時間越久,越容易失去體貼與體諒。
    看了這位網友的說明,就更能理解他選擇SMAP這首Love&Peace inside?的原因。

    Love&Peace inside?

    所有人都這麼期待和平
    為什麼還持續有爭吵發生?
    就在我們這樣聊著之後
    立刻就開始因為小事而爭吵起來
    完全不跟彼此說話
    這完全看不出來是期望和平的模樣啊

    我們會發現
    我們的心和這個世界是完全一樣的
    如果我們不斷爭鬥的心會反映出一個爭鬥不斷的世界...

    只要能改變自己的心
    世界就一定會產生同樣的變化
    也許一個完全意料之外的方法
    就能改變這個世界
    不要因為些微小事而爭吵了
    為了改變自己
    讓我們不斷的在心中自問
    〞Love & Peace inside?〞

    當我們能夠認同彼此心中重要的事物時
    和你一起眺望的夕陽天際
    真的會感覺很美麗吧
    當我發現
    竟然為了成全自己而奪走了你的笑容時
    在回家的路上,我看見月亮結凍成霜

    丟在地上那件脫掉的T-Shirt上
    寫著Love&Peace
    無論何時
    愛與和平都不能因為情緒起伏而穿了又脫下啊

    只要能改變自己的心
    世界就一定會產生同樣的變化
    也許一個完全意料之外的方法
    就能改變這個世界
    不要因為些微小事而爭吵了
    為了改變自己
    讓我們不斷的在心中自問
    〞Love & Peace inside?〞

    而SMAP在傑尼斯事務所的官網上發表了這樣的訊息

    今、僕らに何ができるだろう。
    みんなで目の前のできることを、やろう。
    それは、寄付かもしれないし、電気のスィッチを切ることかもしれない。
    そのアクションは、たとえ小さくても、あしたの希望につながっていると思う。
    僕らは、力を合わせることができる。
    心を合わせることができる。
    頑張ろう、みんな!!!

    SMAP

    現在,我們能做些什麼呢?
    大家盡一己之力,做現在能做到的事吧。
    也許是捐款或物資、也許是關掉電燈的開關。
    即使是再小的動作,都是聯繫著明天的希望。
    我們,可以團結合作。
    可以齊心協力。
    加油,大家﹗﹗﹗

    SMAP


    另外,在Twitter上也有許多SMAP歌迷在呼籲大家為災區民眾點歌送溫暖。
    這裡分享兩個日本SMAP歌迷網友提供的電台電子郵件帳號

    一個是在災區播放的FM台特別節目TOKYO FM
    hodo@tfm.co.jp

    一個是本次災區仙台FM台
    datefm771@gmail.com

    因為在災區裡手機跟網路都不通,只有收音機是他們唯一能夠收到外界訊息的管道。
    因此,即使寫英文也可以喔﹗
    希望大家能夠點一些溫暖加油的歌,讓災區民眾知道,外面的世界還有許多人在關心著他們。

    我已經點了上面MV裡的Love&Peace inside了。
    你會想為日本的民眾點哪一首SMAP的歌呢?
    是がんばりましょう、オリジナルスマイル,還是其他歌呢?
    讓我們也為災區民眾們盡一份力吧﹗﹗

    -----

    第二篇

    在阿剛發生事情後,日本網友們為了表達對他的支持,發起了購買單曲〞這個瞬間  絕不是夢〞的活動。
    而這次,在地震發生之後,日本網友saruHOUSE也用了這首歌製作了為災區民眾加油的影片。

    不是單純的溫暖而已。
    上一部影片,是對災區民眾們喊話,希望大家在災難中也不要忘記了人性的溫暖。
    而這邊影片裡的一字一句,更包含了對災區民眾的關懷、對災區外民眾的意識喚醒、對自我民族的驕傲、以及對伸出援手的外界的感謝。
    當災難發生在我們身上,我們是否也能如此自省,如此自制,如此的付出....

    這真的不只是一段令人感動的影片而已....

    影片內容翻譯如下


    いろんな場所で…
    在各種地方...

    いろんな人が…
    有各種人...

    小さな力を…
    將小小的力量...

    一つまとめて…
    合而為一...

    一人一人の思いを…
    每一個人的關懷...

    大きな思いへ変えて、
    會變成更博大的關懷,

    被災地へとどける
    獻給災區

    人は「+」の事も「-」の事も口から言う。
    「吐く」という字を±(プラスマイナス)からできてる。
    だけど、苦しい時や夢や希望がある時に
    マイナスな事を言わないでみよう。すると「-」が無くなって
    「叶」という字ができる。夢や希望は「叶う」   素敵
    人會說出「+(正面)」也會說出「-(負面)」的話
    「吐く(代表〞說出口〞的意思)」這個字,是由±合成的。
    但是,當痛苦的時候,有夢想有希望的時候,
    請試著不要說出負面的話。如此一來「-(負面)」就會不見了。
    就會變成「叶(代表〞實現〞的意思)」這個字。 夢想和希望能「實現」  多美好啊


    歌手の松山千春氏はラジオで今回の地震に関して
    「知恵がある奴は知恵をだそう、力がある奴は力をだそう、金がある奴は金を出そう、”自分は何も出せないよ…”っていう奴は元気出せ。」って言ってた。
    シンプルだけど、確かにそうだよな、と強く納得。
    歌手松山千春在廣播節目裡提到關於這次地震的事
    「有智慧的人就貢獻智慧、有力量的人就貢獻力量、有錢的人就貢獻金錢、〞我什麼都沒有辦法貢獻哪...〞的人,就打起精神吧。」
    雖然很簡單,但真的強烈認同,就是這樣啊。


    がんばろう日本!
    加油日本﹗

    而SMAP這首歌的歌詞翻譯如下

    この瞬間、きっと夢じゃない
    這個瞬間,絕不是夢

    震えだした 手を見つめ 高鳴る鼓動 指先まで
    逃げたくなるくらいの不安に そっと 一人瞳閉じた

    凝視著顫抖的手  劇烈的心跳連指尖都在鼓動
    感受著這忍不住想逃離的不安  悄悄地  一個人閉上了眼

    きらめいては消える夢の影 追いかけては向かい風
    何度も諦めそうになって その度また繋いだ夢
    いつだって背中には そっと支える人達の
    この暖かく ただ強く優しい声にのせて跳ぶんだ

    明明閃耀著卻又消失的夢想之影  明明追逐著卻總是遇上逆風
    無數次想要放棄的夢想  卻一次又一次的聯繫起來
    乘著 無論何時都在身後悄悄支持著的人們
    那溫暖 卻強而有力的溫柔語音  我們要跳躍起來

    僕らは いつだって 一人じゃ無いんだよ
    Please Stand Up いつも感じてたくて
    だからDon't Cry きっと夢じゃない
    どんなに 遠く 離れていても そばにいるから

    我們無論何時都不是孤身一人
    Please Stand Up  希望一直都能感受到
    所以Don't Cry  這絕對不是夢
    無論相隔多遙遠  都陪在你身旁


    苦しみ悩み続けてた 何度も諦めようとした
    それでも歩いてきたこの道は たった一つの僕の夢さ

    持續著痛苦與困擾  多次都想要放棄
    但即使如此  還是不斷前進的這條道路  是我唯一的夢想

    立ち止まった雑踏は どこか似たような僕らを包んだ
    ふざけあった時間は もう戻らなくて 言葉だって 届かない
    あの日君が流した涙も 僕ら一緒なら ほら笑い顔
    僕はあの日 霞む空に また「強くなるさ」と誓った

    停下腳步的人群  包容著相似的我們
    一起胡鬧的時間  已經不會再重來  言語  也再無法傳遞
    那天你流下的眼淚  只要和我們在一起  看  會變成笑顏
    對著那日夕陽西下的天空  我再次許下諾言「要變得更堅強」

    僕らは 散らばった 夢の欠片集め ほらSunrise 高く羽ばたいていこう
    交わした誓い 祈りを担い 見慣れたはずの世界、今 輝いてくよ

    我們收集著散落一地的夢想碎片  看 Sunrise  一起展翅高飛
    交換諾言  承擔祈望  熟悉的世界  現在  開始耀眼

    はみ出した涙や 流した汗が 僕を支えるんだ
    言葉よりも ずっと大切なもの 君に伝えたいよ
    歩き出した 僕らの未来なら これから先僕らで変えるから
    どんなときも 諦めず ただ進むよ

    是滿溢的淚珠  與滴落的汗水  支撐著我
    我想告訴你  有著比言語更重要的事物
    只要我們的未來跨出這一步  就能改變未來的我們
    無論何時都不要放棄  只要向前邁進

    倒れて見上げてた 悔し涙で滲む青空
    あの頃の僕らの 夢叶えたいんだ

    跌倒後  仰望著因不甘心的淚水而模糊的藍天
    我希望能夠實現我們當時的夢想

    僕らは いつだって 一人じゃ無いんだよ
    Please Stand Up いつも感じているよ
    だからDon't Cry きっと夢じゃない
    どんなに 遠く 離れていても そばにいるから

    我們無論何時都不是孤身一人
    Please Stand Up  希望一直都能感受到
    所以Don't Cry  這絕對不是夢
    無論相隔多遙遠  都陪在你身旁

    言葉じゃ伝わんない 言葉じゃ伝わんない

    言語無法表達  言語無法表達

    Pray for JAPAN!がんばれ日本! 2 / smap

    創作者介紹
    創作者 jenny25500719 的頭像
    jenny25500719

    DEJA VU Chaircat

    jenny25500719 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()