作文#5  日本語の勉強

私は子供の時から日本のアニメが好きですから、ずっと日本語を習いたかったです。でも、私が住んでいた町は田舎だから、大都市より日本語のクラスは少なかったです。

私は自分で五十音を練習したのは中学校三年生の地理のクラスでした。その地理の先生はいつも講義をしないで、人生についての訓辞を述べました。そして、高校の時、私の導師(大花先生)は日本語が上手ですから、時々先生はすこし日本語を教えてくださいました。でも、高校生は大学入学試験を一生懸命準備しなければならないから、ほとんど残った時間は元気がありませんでした。大学に入る前の夏休み、ある仲良しの友達と一緒に隣の町へ大花先生の日本語のクラスへ日本語を習いに行きました。そして、この大学で講義を受けたり、自習したりしました。

最近、アニメは時々見ますが、もうそんなに好きではありません。でも、綺麗に画いたアニメといい物語のアニメはやっぱり好きです。日本のテレビドラマは台湾のと大きく違うと思います。十数話で終って、全然引き伸ばしません。何かを教える物語には時々感動させられました。私は日本の歌とテレビドラマが好きです。特に、アニメの歌の旋律も歌詞もいつも異常に美しいです。不思議だと思っています。日本語を習う前に、いくつか日本語の歌を暗記してしまいました。何を歌っているのかは時々全然わからないかもしれません。ただ、歌が綺麗ですから、暗記しようと思いました。友達と一緒に暗記して、うたをうたいます。今、日本語を勉強しているから、時々自分で好きな歌を一生懸命翻訳するのは本当にうれしいです。

それに、日本の文化についての話は面白いと思っています。文化を知れば、もっと日本語を勉強しくなるかもしれません。日本の文化を知るに従って、この世界を見方が広くなるかもしれません。他の文化と比べれば、自分の文化の中で考えなかった精神も見つけられるかもしれません。

日本語の勉強は大変だけと、おもしろいです。教科書の例文ではありません。本気に一つの言語とその文化を知るために勉強するのはたのしいです。

創作者介紹
創作者 jenny25500719 的頭像
jenny25500719

DEJA VU Chaircat

jenny25500719 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()